Lesson Monitor Campaign
モニターレッスン生企画 Vol.9

「1ヶ月間のレッスンで歌がどこまでうまくなるのか!!」
CLARITY ARTS SCHOOLによるレッスンモニター生企画 Vol.9
「1ヶ月間のボーカルレッスンで歌がどこまでうまくなるのか!?」をテーマに、
クラリティ専属トレーナーがあなたの可能性を最大限引き出します!!

クラリティ アーツ スクールでは1ヶ月間、
プロモーションを兼ねたボイストレーニングのモニター企画を実施しました。

1人1人のレッスンを撮影し、モニター生が1ヶ月間4回のレッスンでどのぐらい上達できるのか?
みなさまに判断していただくためです。

今回も信じられない程の成長を成し遂げました。
特徴的な成長をした8名にクローズアップします。

1ヶ月間のモニター期間に明らかな変化を遂げた8名の
レッスン風景をトレーナーからの解説と共にお送りします。

ボイトレ1ヶ月間で歌はうまくなるのか? ムービーを見てご自分の目で是非確かめてください!

Trainers
レッスンムービー担当トレーナー

尾川 詩帆 - Shiho Ogawa -
  • ミュージカル科
  • クラシック科

尾川 詩帆 photo
『パフォーマンス力』を磨くことで、
1ランク上の自分へ!

木内 栞 - Shiori Kiuchi -
  • ミュージカル科
  • ポップスシンガー科

木内 栞 photo
『無理』なんてない!
『やってみたい』その背中を押します!

清水 裕明 - Hiroaki Shimizu -
  • ポップスシンガー科
  • ミュージカル科

清水 裕明 photo
自分の強みをはっきりさせれば、
自然と上手くなる!

Lesson Movies
レッスンムービー

レッスン風景をトレーナーからの解説と共にお送りします。

尾川 詩帆 - Shiho Ogawa -
  • ミュージカル科
  • クラシック科

尾川 詩帆 photo
『パフォーマンス力』を磨くことで、
1ランク上の自分へ!
歌の上手さ、声の良さだけにスポットを当てるのではなく、『パフォーマンス力』を鍛え、お一人お一人が持っている魅力を更に輝かすことが出来るよう、1歩踏み出してみませんか?

東京芸術大学やこれまでの経験で培ったスキルを活かし、

①発声 ―どうやって声を出すか
②発語 ―どうやって言葉を伝えるか
③パフォーマンス ―見せ方・聞かせ方

という観点から、レッスンを行います。

歌が好きで、初めて歌のレッスンを受けようとされる方は、他の皆さんより1ランク上の『説得力のある歌』を。

今までも歌ってきたけれど、「何かが足りない」と思っている皆さんには、『パフォーマンスのスキルアップ』を。

まずは挑戦・継続出来る目標やトレーニングを提案して、その目標に向けて一緒にステップアップしていきましょう!

レッスンムービー - 尾川詩帆トレーナー

  • ただ歌うだけではなく、芝居としての歌へ

    課題曲 「マリラ・リンド夫人」/音楽劇「赤毛のアン」より
    長谷直美さん〜総集編〜 尾川詩帆トレーナー
    現在、女優として活動されている長谷さん。歌手としても活動されているものの、ミュージカル出演は初めてということで、このモニターレッスンを受けられました。
    初めてということで、不安も大きいようでしたが、今までの女優としてのキャリアを生かすアプローチを目指し、レッスンしていきました。

    最終回には包容力のある素敵な役の人物像が、声からも感じ取られ、こちらも嬉しかったです。
    ありがとうございました!
  • 力強いだけでなく、表現力豊かな声へ

    課題曲 「ON MY OWN」/ミュージカル「レミゼラブル」より
    橋本薫子さん〜総集編〜 尾川詩帆トレーナー
    パワフルな歌声を持っている橋本さん。
    それだけに頼って歌ってしまいがちなところがあるので、さまざまな声で歌えるように、多方向からアプローチをし、レッスンしていきました。

    最終回には、声だけで勝負するのではなく、橋本さんから放たれる存在感も変化していて、こちらも嬉しくなりました。
    これからも更なるパワーアップ目指し、がんばってくださいね。
  • 音程の不安な部分を取り除き、自信溢れる声へ

    課題曲 「ギフト」/「昆夏美」
    高梨春奈さん〜総集編〜 尾川詩帆トレーナー
    歌は好きだけど、苦手意識が、と話す高梨さん。
    普段から身体を動かす機会もなく、言われたことを直すのにも苦労が見えましたが、歌と真摯に向き合う姿に、こちらが学ぶことも多かったです。
    持っている声に伸びが加わり、少し自信が持てたのではないかと思います。
    これからも仕事に歌に、楽しんで励んでくださいね!応援したいと思います。

木内 栞 - Shiori Kiuchi -
  • ミュージカル科
  • ポップスシンガー科

木内 栞 photo
『無理』なんてない!
『やってみたい』その背中を押します!
まず、自分の声を知るところから始めましょう。
そこで一つ大切なのは楽しく歌う事!
楽しむ事で自然と出来る歌い方があります。そうすると新しい"自分の声"の可能性が見えてきて、長所と短所が明確になります。
その長所をもっと活かして歌う、短所と向き合って鍛えていく、その具体的なプロセスを、実際にナンバーを歌いながら一緒に考えましょう。

モノマネはうまいけど個性が無くて困っている人、
自分の歌声をよく知らない人、
頭で考えすぎて自分を発揮できていない人、
自分の声を知って楽しく伸ばせた方が上達への近道だと思いませんか?

全4回のモニターレッスンカリキュラムとしては、

①自分の声を知り、開拓する
②長所を活かす
③短所と向き合う
④仕上げ

の順番で進めていきます。

レッスンムービー - 木内栞トレーナー

  • 誰かの真似ではなく役として歌う

    課題曲 「ダンスはやめられない」/ミュージカル「モーツァルト!」より
    桜野ともかさん〜総集編〜 木内栞トレーナー
    もともと歌心はある桜野さん。ですが、歌になるとこれまで聴いてきた音源に影響されて、オリジナリティがなく、声も出しにくいまま歌っていました。一緒にキャラクターの感情を読み解いて、彼女の持ち前の芝居心を活かしたところ、声も出しやすく、桜野さんならではの個性を活かした歌になりました。
  • 一辺倒な歌から表情豊かな歌に

    課題曲 「壁の向こうへ」/ミュージカル「アラジン」より
    浜野直美さん〜総集編〜 木内栞トレーナー
    もともとある程度の声量を持っているある浜野さん。初めに歌って貰った時は、台詞でいう棒読みのように、声は出るけど一辺倒な歌になってしまっていました。そこで一緒に、キャラクターとしてリアルに情景や感情を想像しながら歌を構築していき、歌に表情をつけて行きました。顔の表情も良くなり、だんだんと歌が自分のものになってきました。
  • 持ち前の芝居心で自分だけの歌に

    課題曲 「夢まであと少し」/映画「プリンセスと魔法のキス」より
    仁井美優さん〜総集編〜 木内栞トレーナー
    もともと曖昧に曲を歌っていた仁井さん。まずは楽譜と向き合って一から細かい曲の構成を確認していきました。この曲の持つビート感を掴むのに苦戦もしましたが、途中で彼女の持つ良い芝居心を見つけ、それを歌に活かしたところ、ただ歌う、という所からしっかり表現しながら歌えるようになりました。

清水 裕明 - Hiroaki Shimizu -
  • ポップスシンガー科
  • ミュージカル科

清水 裕明 photo
自分の強みをはっきりさせれば、
自然と上手くなる!
早稲田大学商学部卒業、在学中にミュージカルサークルを立ち上げ、代表を4年務める。その後東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」など多くの舞台に出演し、現在は後進の育成にも力を注いでいる。
今回は、
①発声のメカニズム ②発声 ③センスとは? ④表現するには

という流れで、あなたの今後のアーティストとしての基盤のキの字を作ります。

人体学、心理学、音響学等、様々な分野の知識をミックスし、発声では人体を科学的に分析し、90%の人が知らない人体の仕組みを使い、一瞬で声を変え、 さらに鍛えられないと思われているセンスを鍛えることに特化したメソッドを教えています。
発声という基礎と、表現力というセンスを徹底的に鍛える事で、あなたの高みへと一緒に向かいませんか?

レッスンムービー - 清水裕明トレーナー

  • 響きを安定させて、ワンランク上の歌感に!

    課題曲 「In his eyes」/ ミュージカル「ジキル&ハイド」より
    和田萌子さん〜総集編〜 清水裕明トレーナー
    和田さんは、いわゆる喉声と言われるタイプの歌い方になっていました。
    そのため、音程が安定せずに喉の負担も大きく、さらに音量を出そうとすれば無理が生じてしまうと言う状態でした。
    それをヘッドボイスへ導いていったことで、軽やかな響き感を掴みはじめました。
    レッスン前と後を聞き比べると、その響きの差を感じてもらえると思います。
  • 力みすぎて暑苦しい声を、本人らしい声の響きに

    課題曲 「Big love」/ ミュージカル「メンフィス」より
    寺田洋一郎さん〜総集編〜 清水裕明トレーナー
    寺田くんは、ナチュラルに声帯が強く音域も広めな素敵な才能の持ち主です。
    ですが、チェストの力みが強すぎて声が押し殺したようになり、高音が詰まったように聞こえてしまいます。
    チェストから高音へのスムーズな移行を習得したことで、高音が今までよりはるかに楽に出るようになりました。さらに寺田くんらしい声に変わってきて、これからがより楽しみになりました^^

Lesson Trial
レッスントライアル

クラリティ アーツ スクールは初めての方には、ボイストレーニングを致しません。 無料体験レッスンを受けて頂き、納得して頂いた方にのみ入会をお勧めしております。

レッスントライアルで、ご自身に必要で効果的なものかどうか確かめてください。
レッスントライアル
あなたのアーティストへの道のりを一歩前へ!
下記フォームより参加申し込みができます。
レッスントライアルに申し込み